Unity5+SkyshopでWebGL出力のテスト

試してみたので覚え書き。

Unity5でWebGL出力が可能になるってことで期待してるわけですが、Unity5betaが出たので早速試してみました。

 

まずはこの、だいぶ前にノギスでミリミリ測りながら作ったガラケーの3DモデルをUnityに移植。

ガラケーモデル

マテリアルや背景にはSkyshopを使いました。

Skyshopを使ってもちゃんとブラウザで見えるのかどうかも試したかったことの一つです。

 

で、とりあえずモデルの準備が出来たのでWebGLで書き出し。

webGLtest1webGLtest2

 

全然ちゃんと表示されねー!!

 

 

軽く絶望した後によくよく見てみると、ちゃんと表示されている部分もある。

ShaderForgeで自分で作ったシェーダー部分は表示されていて、Skyshopのプリセットシェーダーを使ってる部分がダメっぽい。

ShaderForgeでSkyshopのノードも使ってるんだけどな、、、謎。

 

 

仕方ないので全部のマテリアルを自前で作ったシェーダーに置き換える。

むしろ作ったシェーダーが表示されるのは有難い。

ShaderForgeノード

矢印のようにSkyshopのノードを使ってます。

 

すると、出ました!

ブラウザ比較

macのsafariとchromeで表示してみたところ、safariではイメージエフェクトのbloomが効かないようです。

あと、肝心のモバイル端末で表示されない。。。これは自分のやり方が悪いのかな。

 

まだいろいろ試す必要がありそうですが、思ったよりは楽にイメージ通りの映像が出てくれました。

Unityも5正式版になればまた変わるかもしれないし楽しみですね。

 

そのうち消すかもしれませんが、出力したものをアップしました。

http://voxcelldesign.co.jp/VDdata/WebGLtest6/index.html WebGLtest